【BL小説レビュー】お隣の旦那さん (セシル文庫)

新規レビュー更新しました。

タイトルお隣の旦那さん
著  者桑原伶依
イラストすがはら竜
形  態文庫
レーベルセシル文庫
出 版 社コスミック出版

タイトルと表紙から大体想像がついてしまいますが、お隣の旦那さんを助けて大学生主人公が育児と家事に奮闘する「お隣の旦那さん」。

大学入学を機に、ひとり暮らしを始めた主人公の憂いの理由は  

レビュー記事は下記リンクからどうぞ。

”中年東子のRなブックレビュー《BL小説》” お隣の旦那さん (セシル文庫)

【BL小説レビュー】しめきりはご飯のあとで (ガッシュ文庫)

新規レビュー更新しました。

タイトルしめきりはご飯のあとで
著  者髙月 まつり
イラスト高城 たくみ
形  態文庫
レーベルガッシュ文庫
出 版 社海王社

お惣菜屋を切り盛りする主人公とそのお店に通い詰める寡黙&生活スキルゼロな美形ハーフ青年との恋愛模様。

過剰なエロ描写も悲壮感もない人との繋がりが素敵な世界観の「しめきりはご飯のあとで」。

レビュー記事は下記リンクからどうぞ。

”中年東子のRなブックレビュー《BL小説》” しめきりはご飯のあとで (ガッシュ文庫)

【BL小説レビュー】強面の純情と腹黒の初恋 (二見書房 シャレード文庫)

新規レビュー更新しました。

タイトル強面の純情と腹黒の初恋
著  者海野 幸
イラスト木下 けい子
形  態文庫
レーベルシャレード文庫
出 版 社二見書房

強面な外見のおかげで周囲に理解されない”いい人”と爽やかな外見の裏側にとんでもない意図を隠した”悪い人” 。
そんな教師二人が主人公の物語。

強面主人公のギャップというか不憫さにも萌えますが、腹黒教師の胸の内が一番の見どころだと思います。

レビュー記事は下記リンクからどうぞ。

”中年東子のRなブックレビュー《BL小説》” 強面の純情と腹黒の初恋 (二見書房 シャレード文庫)

【BL小説レビュー】イエスかノーか半分か(ディアプラス文庫)

新規レビュー更新しました。

タイトルイエスかノーか半分か
著  者一穂ミチ
イラスト竹美家らら
形  態文庫
レーベルディアプラス文庫
出 版 社新書館

若手人気アナウンサーである主人公の裏の顔。
完璧な外面に対して、心の中の罵詈雑言がいっそ清々しい程、小気味いい「イエスかノーか半分か」。

管理人お気に入り作品です。

レビュー記事は下記リンクからどうぞ。

”中年東子のRなブックレビュー《BL小説》” イエスかノーか半分か(ディアプラス文庫)

【BL小説レビュー】ウサギの国のナス (幻冬舎ルチル文庫)

新規レビュー更新しました。

タイトルウサギの国のナス
著  者松雪奈々
イラスト神田 猫
形  態文庫
レーベル幻冬舎ルチル文庫
出 版 社幻冬舎

前作「ウサギの王国」に続編が出ました。
前作主人公カップルのいちゃいちゃな様子も楽しめる「ウサギの国のナス」。

相変わらず衝撃的なお笑いBLですが、前作で設定を堪能してから読むことをオススメします。

レビュー記事は下記リンクからどうぞ。

”中年東子のRなブックレビュー《BL小説》” ウサギの国のナス (幻冬舎ルチル文庫)

【BL小説レビュー】最果てのロクデナシ (セシル文庫)

新規レビュー更新しました。

タイトル最果てのロクデナシ
著  者樹生かなめ
イラスト一ノ瀬 ゆま
形  態文庫
レーベルセシル文庫
出 版 社コスミック出版

ロクデナシがあまりに鬼畜で驚いた「最果てのロクデナシ」。
読んでいる間にモヤモヤするのは、タイトルにもあるロクデナシが、鬼畜ロクデナシで主人公と恋愛しないから?

レビュー記事は下記リンクからどうぞ。

”中年東子のRなブックレビュー《BL小説》” 最果てのロクデナシ (セシル文庫)

【BL小説レビュー】楽天主義者とボディガード (キャラ文庫)

新規レビュー更新しました。

タイトル楽天主義者とボディガード
著  者火崎勇
イラスト新藤まゆり
形  態文庫
レーベルキャラ文庫
出 版 社徳間書店

お家騒動に巻き込まれ、命を狙われているにも関わらず何やら画策している主人公と非協力的な護衛相手に駆け回る有能ワイルドボディガードとの攻防が楽しい「楽天主義者とボディガード」。

管理人のツボを刺激するポイントが詰まっているお話でした。

レビュー記事は下記リンクからどうぞ。

”中年東子のRなブックレビュー《BL小説》” 楽天主義者とボディガード (キャラ文庫)

【BL小説レビュー】甘えたがりなネコなのに。 (幻冬舎ルチル文庫)

新規レビュー更新しました。

タイトル甘えたがりなネコなのに。
著  者小中大豆
イラスト金ひかる
形  態文庫
レーベル幻冬舎ルチル文庫
出 版 社幻冬舎

中身は地味で心優しいおっとりなのに、チャラくて華美な容姿で誤解と偏見の坂をごろごろ転がる主人公亮平(りょうへい)。

一目ぼれしたチョイ怖男の古賀正治(こが せいじ)とは、本人の意志に反して嫌われ位置に。

不憫過ぎる主人公の善良さと”男臭くて怖い感じ” の攻めが魅力的な「甘えたがりなネコなのに。」。

レビュー記事は下記リンクからどうぞ。

”中年東子のRなブックレビュー《BLコミック》” 甘えたがりなネコなのに。 (幻冬舎ルチル文庫)

【BL小説レビュー】愛しのいばら姫

新規レビュー更新しました。

タイトル愛しのいばら姫
著  者凪良 ゆう
イラスト湖水 きよ
形  態文庫
レーベルno data
出 版 社プランタン出版

眉目秀麗、女よりも美しいと言われる貴族的容貌を持つメンズモデルのトップに君臨する美山靫彦(みやま ゆきひこ)。

毒舌かつ複雑な内面を持つ彼が落ちた恋愛とは。
文句なしの5つ星作品!

レビュー記事は下記リンクからどうぞ。

”中年東子のRなブックレビュー《BL小説》”  愛しのいばら姫

【BL小説レビュー】四獣王の花嫁 (ラルーナ文庫)

新規レビュー更新しました。

タイトル四獣王の花嫁
著  者真宮 藍璃
イラスト駒城 ミチヲ
形  態文庫
レーベルラルーナ文庫
出 版 社株式会社シーラボ

異世界・複数プレイものだけど悲壮感は全くなし。
それはまあ世界を救う神事ですから!・・・というストーリーなのは「四獣王の花嫁」

レビュー記事は下記リンクからどうぞ。

”中年東子のRなブックレビュー《BL小説》” 四獣王の花嫁 (ラルーナ文庫)