悪の女王の軌跡 (レジーナCOMICS)


タイトル悪の女王の軌跡
著  者梶山ミカ
形  態コミック
レーベルレジーナCOMICS
出 版 社アルファポリス

目覚めたら戦場

大学二年生の主人公・東條茉莉(とうじょう まり)は、目覚めると首に大けがを負い、血臭と獣の匂いあふれる戦場にいた。

突然“悪魔の女王”になってしまった主人公。
と女王を取り囲む美麗な3人との関係が気になる「悪の女王の軌跡」。

それでは、レビュー開始。

ある日突然、悪魔の女王

激痛と共に戦場の中で意識を取り戻した主人公・東條茉莉(とうじょう まり)。
頭の中に響く声に従い、何とか勢いで乗り切ったものの、もちろん誰にもばれないでいられる筈もなく。

事情を聞いた茉莉は、“悪魔の女王”に成り代わり、正しい道へと進むことを決意する—。

過酷なのは、その身体の持ち主が、誰からも憎まれていること。

自国民に対して、非道の限りを尽くし、後宮に見目が良くて若い男を集め、毎日何人も相手にして房事に耽る。

神の血を引き、神からの加護を持つ直系最後の王・メアリ・フラウ・カルクーラ。

傲慢で周囲を顧みない女王の圧政に耐えかねて起こされた反乱で、女王は討たれ、茉莉がその身体で覚醒する。

女王を囲む男達と女王の声

女王として生きることを決意した茉莉と関わるのは、美しい3人の男達。

カルクーラ王国の傭兵将軍・ダリウス。
女王に嫌われていたカルクーラ王国の宰相補佐・フレイアス。
そして、メアリの悪政に耐えかねて反乱を起こした辺境侯・リオン。

様々な問題にぶつかりながら、平凡な女性である茉莉が、態度を豹変させて、傲慢で威厳あるメアリと問題を乗り切る爽快さ。

3人の男達との関係の変化と時折現れる女王としての意識。

そもそも何故、茉莉はメアリと入れ替わることになったのか。
時折聞こえる女王の声、女王の記憶は何なのか。

全2巻。
あっという間の物語でした。

■ブックデータ

タイトル:悪の女王の軌跡
著   者 梶山ミカ
原 作 者 風見くのえ
形   態 コミック
レーベル レジーナCOMICS
出 版 社 アルファポリス
【管理人評価】
 ・満足度 ★★★★☆(もっと読みたい)
 ・イメージキーワード 
  「異世界入れ替わり」「逆ハーレム」「女王」「原作小説有」
 ・読後の感想
  「原作小説を読みたくなりました」

【購入可能サイト】
・Amazon
悪の女王の軌跡1 (レジーナCOMICS)
・楽天kobo
悪の女王の軌跡1(レジーナCOMICS)
・Renta!
なし
・eBookJapan
悪の女王の軌跡1
・honto
悪の女王の軌跡1
・BOOK☆WALKER
悪の女王の軌跡1
・コミックシーモア
悪の女王の軌跡1

【余談】

本作品は、Web小説のコミカライズ。
一部駆け足的な気がしたので、一度原作小説を読んでみたいです。
コミカライズされるとついつい原作も勢い余って買ってしまう・・・。
出版社の策略に踊らされてます。