メイド・イン・ロマンス(花とゆめコミックス)


タイトルメイド・イン・ロマンス
著  者SHIHO
形  態コミック
レーベル花とゆめコミックス
出 版 社白泉社

恋したのはメイドカフェ店長

東京の音大に進学して初めての夏。
主人公の光希(みつき)は、ひょんなことからメイドカフェで働くことに。

純情お嬢様の恋愛模様を描いた「メイド・イン・ロマンス」。

それでは、レビュー開始。

メイドカフェの表と裏

可愛いメイドさん達は
ロッカールームでは別人格です

友人に頼まれて夏休みの間だけ、友人の代わりに働くことになった主人公光希(みつき)。
“ピアノのお仕事” の職場は、何とメイドカフェだった。

電車の中で痴漢にあっていたところを助けてくれた男性が、バイト先のメイドカフェ店長。

表では可愛いメイドさん達も、ロッカールームでは言いたい放題の女子トーク。
そうそう、こんな女子高ノリってあるよね。

「店長はかっこいいですよ!」

そう叫んで自分の気持ちに気付く主人公は、本当すれてないというか純粋な育ちの良い女の子という雰囲気。

お嬢様というより、ちょっと抜けてて真っ直ぐな女の子といいますか。

でも抜けてる癖に、愛情表現素直です。

対してそんな主人公にそっけないというか、つれない店長。
その理由は  

 主人公、可愛すぎです

もうとにかく主人公が可愛いです。
そしてこの作家さんの描かれる女の子、地味な印象なんだけど(失礼)身体のラインが柔らかいというか、凄く”女の子らしさ” を感じるんですよね。

少女マンガで(ストーリーに関係なく)女の子の絵柄から”色気”を感じる珍しい作家さんでもあります。

ということで、濃厚描写じゃないのにエロく感じるのは管理人だけでしょうか。

収録話

出会いからを描いた表題作の「メイド・イン・ロマンス」と主人公が感情豊かになり関係を深める「メイド・イン・ロマンス2」とお付き合い中の二人を描いた「メイド・イン・ロマンス番外編」(やっぱり主人公可愛過ぎる!)がコミックの半分程。

子どもの頃の夢が”ピアニスト”、現在アパレル販売員の主人公が、ある日バーでピアノを弾いたところバーテンダーに失礼な言葉を投げつけられるシーンから始まる「秘密のファースト・ラブ」。

30手前で彼氏と別れたその日に、オネエバーのヘルプに入ったところ初対面の男に胸を揉まれるシーンから始まる「彼には解けない恋の数式」。

個人的に、表題作も好きだけど、背が高く巨乳なのに堅物男に最後の最後まで男と思い込まれて話が進んでいく「彼には解けない恋の数式」が一番面白かったです。

「メイド・イン・ロマンス」は純粋な恋愛のお話だけど、「彼には解けない~」の方は、笑いやちょっとしんみりする部分があったり、周囲の人間がコミカルだったり。

共通するのはハッピーエンド!というよりは、ちょっと余韻が残るようなシーンで終わるところでしょうか。

同じ作家の方の作品を色々読んでみたくなりました。

■ブックデータ

タイトル:メイド・イン・ロマンス
著  者  SHIHO
形   態 コミック
レーベル 花とゆめコミックス
出 版 社 白泉社
【管理人評価】
 ・満足度 ★★★★☆(満足)
 ・イメージキーワード 
  「メイドカフェ」「年の差」「お嬢様」「可愛い」「純粋」
 ・読後の感想
  「主人公がとにかく可愛いです」

【購入可能サイト】
・Amazon
メイド・イン・ロマンス【新作描き下ろし付き】 (花とゆめコミックス)
・楽天kobo
メイド・イン・ロマンス【新作描き下ろし付き】1【電子書籍】[ SHIHO ]
・Renta!
メイド・イン・ロマンス【新作描き下ろし付き】
・eBookJapan
【割引版】メイド・イン・ロマンス【新作描き下ろし付き】
・honto
【期間限定 20%OFF】メイド・イン・ロマンス【新作描き下ろし付き】

【余談】

雑誌”花とゆめ” といえば、少女マンガの中でも濃厚エロシーンがないマンガが多くて、個人的に好きなマンガが多いのですが、あれ?がっつりエロ有のこの作品が”花とゆめコミックス” から出てる!?と驚きました。

が、こちらは”花とゆめコミックス” レーベルでも掲載はエロ強めのウェブ・マガジン”Love Jossie (ラブジョシィ)” なんですね。

個人的には”花とゆめ”=エロなし 認識なので、レーベル分けて欲しかったなぁ。

R系小説・コミックレビューサイトを運営してますが、エロなし少女マンガが結構、いやかなり好きだったりします。