偽りのキス 本物のアイ (いけない愛恋)


タイトル偽りのキス 本物のアイ[全4巻]
著  者小田三月/ikak
形  態コミック
レーベルいけない愛恋
出 版 社アムコミ

複雑な思いを胸に迎える結婚式

あたしは今日永遠のキスをする
神様と世界で一番大好きで一番大事な人の前で

複雑な思いで結婚式を迎える花嫁の前には、二人の男性の姿  
結婚式の3ヶ月前から始まる物語「偽りのキス 本物のアイ」は、予想外の良作。

それではレビュー開始。

言葉にする前に理解してくれる男性

何のことかというと主人公の婚約者の話。

小さな頃から話すのが苦手で極端な人見知りだった主人公・高宮真緒(たかみや まお)。
人と話すのに返事を中々口に出すことが出来ない為、結婚を3ヶ月に控え、結婚式に呼ぶのは親族と職場の人間だけという程、親しい人間がいない生活。

そんな真緒の婚約者・龍臣(たつおみ)は、「真緒といるのが一番」と言い切り、真緒が言葉にする前に、気持ちを察して色々とフォローしてくれる優しい男性。

こんな男性は初めてだった

そう主人公が思う程、理解され愛される幸せ溢れる結婚式3ヶ月前の二人。
甘い始まりですね。

言葉を上手く出せない人見知りな彼女と、それを理解して優しくフォローしてくれる婚約者。

そんな二人に暗雲が立ち込めるのは、真緒が思い出す過去の出来事から。

必ず言葉を口にさせる男の子

何も言わない間に全てを理解してくれる婚約者・龍臣(たつおみ)に愛される真緒が思い出すのは、龍臣とは真逆の存在である男の子。

極端な人見知りで、転勤の為に引越しを繰り返すというだった真緒の子ども時代。
友達が一人もいなかった真緒と出会った、いつも人の輪の中にいるような人気者の男の子。

彼は、真緒の母親に真緒の口下手を伝えられるとあっけらかんと答えた。

「俺がちょっと待てばいいんじゃねーの?まおが答えるのを」

捨て猫が縁で仲良くなった二人は、 真緒が引っ越すまでの2年間、楽しい時を過ごす。

蘇る暗い過去

結婚を前に、色々な過去を思い出す真緒。
それは常に一人の人物との思い出で  

仲が良かった二人の関係が壊れたある事件とは?

そして、すべてを忘れようとした真緒の前に彼が現れる。

誰なの?知り合い?真緒ちゃんの

彼のことを問われた真緒が口にした言葉

・・・その人は・・・友達だったヒト

結婚を目前にして、真緒の気持ちが激しく揺れ動く。

予想外な良作です

表紙の絵があまり上手く見えず(失礼)、こういう比較的短いページ数で巻数が続く電子書籍のみで出されているコミックは、内容も絵も今一なことが多く(かなり失礼)あまり期待していなかったのですが、こちらの作品、予想外に良作でした。

人見知りで口下手と、なかなかうまく人と付き合うことが出来ない主人公と、それをフォローする優しい婚約者。
そして、その婚約者と真逆な存在である真緒にとって忘れられない”男の子”。

出会いと再会に絡む猫のエピソード。
婚約者と彼、それぞれのキスに関するエピソード。

現在と過去が入り乱れる展開は、まさに真緒の心の揺れでもあり、めまぐるしく変わる状況に目が話せずに全4巻を一気に読了。

甘くて切なくて、時々追い詰められるような気持ちにもなり・・・楽しめました。

■ブックデータ

タイトル:偽りのキス 本物のアイ[全4巻]
著  者  小田三月/ikak
形   態 コミック
レーベル いけない愛恋
出 版 社 アムコミ
【管理人評価】
 ・満足度 ★★★★☆(星評価4.0)
 ・イメージキーワード 
  「人見知り」「結婚」「過去」「切ない」「甘い」「過去」「エロ薄め」
 ・読後の感想
  「登場人物も設定も展開も全て良かった!」

【購入可能サイト】
・Amazon
偽りのキス 本物のアイ 1巻 (いけない愛恋)
・楽天kobo
なし
・Renta!
偽りのキス 本物のアイ【全4巻】
・eBookJapan
偽りのキス 本物のアイ 1巻
・honto
偽りのキス 本物のアイ 1巻[電子書籍]
・Yahoo!

【余談】

電子書籍のみ、かつ巻数を重ねる形式の作品は、ひたすらエロ描写が続く作品が多く、しかもレーベル名が「いけない愛恋」。

これは、ひたすらエロ描写かなぁと思いきや、そんなことはなくほぼないに等しい淡白さでした。

主人公と婚約者と”彼”、そして周囲を取り巻く人間達の心理描写がメインの良作。

<少女マンガ>カテゴリでレビューするか非常に悩んだのですが、レーベルが少女マンガでないしな・・・ということで、こちらの<TLコミック>でのレビューとなりました。