狼陛下の花嫁 1 (花とゆめコミックス)


タイトル狼陛下の花嫁 1
著  者 可歌まと
形  態コミック
レーベル花とゆめCOMICS
出 版 社白泉社

臨時バイトは冷酷非情な陛下の花嫁

下級役人である父に紹介されて、王宮での短期バイトに向かった主人公・汀 夕鈴(てい ゆうりん)は、仕事の内容を聞いて青ざめた。

裏表のないまっすぐな主人公が可愛い「狼陛下の花嫁 」。

それではレビュー開始。

主人公は、青ざめる

白陽国(はくようこく)を治めるのは、「狼陛下」と呼ばれる若き王。
即位後早々に国内で起きていた反乱を鎮圧し荒れ果てた中央政治を粛正した若き国王・珀 黎翔(はく れいしょう)の通称である。

  その眼光で人々を屈服させる
他を寄せ付けない孤高の王・・・

王宮の短期バイトと聞いてやってきた主人公・汀 夕鈴(てい ゆうりん)は、仕事の内容を聞いて震えあがる。

冷酷非情な「狼陛下」の臨時花嫁。

身分を隠し、狼陛下の花嫁として一ヶ月間後宮で過ごすこと。

彼女が目にする「狼陛下」の姿とは  

狼陛下の二面性

一話読み切り作品から始まり、長期連載化となったこちらの作品。

白泉社LaLaの広告で毎回大きなコマを使われていまして、人気作品なんだなぁというのは感じていたのですが、絵が管理人の好みではなく、長らく手を伸ばすことがありませんでした。

が、読んでみたら見事にドはまり。

もう一話目で心を掴まれました。

「冷酷非情の狼陛下」と言われる彼の裏の顔は、「かわいらしい子犬陛下」。
眼光鋭い狼陛下とふわりと笑う子犬陛下のギャップ。

縁談よけ・イメージ戦略の一環として据えられた花嫁役を演じる主人公の目から見た狼陛下の姿と彼を取り巻く殺伐とした世界とは  

トキメキと恐怖と笑いの世界

冷酷非情な狼陛下の顔に怯えつつ、陛下の唯一の妃としていちゃいちゃ・べた甘な関係を演技する夕鈴。

一喜一憂し、汚いことを目にしては怒り狂う主人公の素直さと、深い鬱屈を抱えていそうな己を見せぬ狼陛下。
真逆な二人の関係は、進みそうで進まず恋愛未満?な関係。

狼陛下の顔を見せた瞬間の陛下の恐ろしさ。

そして猪突猛進・元気な主人公の叫びが響き渡るお笑いの部分。

それぞれがうまく絡み合って、起承転結がある小気味よいストーリー展開。

巻が進むに従って、個性的な面々が登場し、お笑い要素も恋愛要素も深まっていく。
シリアスな要素と違和感なく混ざり合うお笑い要素。
本当、絶妙なさじ加減。

大好きなシリーズの一つです。

タイトル狼陛下の花嫁 13
著  者 可歌まと
形  態コミック
レーベル花とゆめCOMICS
出 版 社白泉社

狼陛下の臨時花嫁としての仕事がひと段落つくのが13巻。
こちらで第一部・完となっていますが、まだまだシリーズは続く様で、巻数を重ねています。

■ブックデータ

タイトル:狼陛下の花嫁 1
著  者  可歌まと
形   態 コミック
レーベル 花とゆめコミックス
出 版 社 白泉社
【管理人評価】
 ・満足度 ★★★★★(大好き!)
 ・イメージキーワード 
  「偽装結婚」「花嫁」「冷酷非情」「二面性」「笑える」「楽しい」
 ・読後の感想
  「恋愛とシリアスと笑いのバランスが絶妙!なストーリー」

【購入可能サイト】
・Amazon
狼陛下の花嫁 1 (花とゆめコミックス)
・楽天kobo
狼陛下の花嫁 1 (花とゆめコミックス)
・Renta!
狼陛下の花嫁
・eBookJapan
狼陛下の花嫁 (1)
・honto
狼陛下の花嫁(1) (電子書籍)