【少女小説レビュー】紅玉は終わりにして始まり 時間旅行者の系譜 (創元推理文庫)


新規レビュー更新しました。

タイトル紅玉は終わりにして始まり 時間旅行者の系譜
原 題RUBINROT:Liebe geht durch alle Zeiten
著 者ケルスティン・ギア
翻 訳遠山 明子
形  態文庫
レーベル創元推理文庫
出 版 社東京創元社

タイムトラベラーの遺伝子を持つのは優秀ないとこのシャーロットではなく主人公グヴェンドリンだった。
ハンサムなパートナーとの恋愛模様も気になる「紅玉は終わりにして始まり」

入れ子式になった物語は一気に読むのがオススメ。
“時間旅行者の系譜”シリーズレビュー記事は下記リンクからどうぞ。

表紙のイラストも素敵なのでぜひ見比べてみて下さい。

”中年東子のRなブックレビュー《ライトノベル(少女小説)》” 紅玉は終わりにして始まり 時間旅行者の系譜 (創元推理文庫)