【ロマンス小説レビュー】情熱の炎に抱かれて (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

新規レビュー更新しました。

タイトル情熱の炎に抱かれて
シリーズブラック・ダガー・ブラザーフッド
原 題LOVER ETERNAL
著 者J. R. ウォード
翻 訳安原 和見
形  態文庫
レーベル二見文庫 ザ・ミステリ・コレクショ
出 版 社二見書房

美しく野生的なヴァンパイアの戦士たちのロマンスを描いた”ブラック・ダガー・ブラザーフッド” シリーズ5作目は、未来視能力と不思議な力を持つ腕を持つヴィシャスが主人公。

なかなか難儀な性癖を持つヒーローと明らかになる事実、そして登場人物達が払う犠牲とは  

レビュー記事は下記リンクからどうぞ。

”中年東子のRなブックレビュー《ロマンス小説》”情熱の炎に抱かれて (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

【ロマンス小説レビュー】闇を照らす恋人 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

新規レビュー更新しました。

タイトル闇を照らす恋人
シリーズブラック・ダガー・ブラザーフッド
原 題LOVER REVEALED
著 者J. R. ウォード
翻 訳安原 和見
形  態文庫
レーベル二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション
出 版 社二見書房

飛びぬけた美貌とワイルドなヴァンパイア戦士達のロマンスを描いた<ブラック・ダガー・ブラザーフッド>シリーズ第4作目は、これまでヴァンパイアの中に違和感なく溶け込んできた元刑事・ブッチの物語。

美しく高貴なヴァンパイア貴族との恋に破れた彼が、ヴァンパイア達の中にあって抱える疎外感とその身にもたらされるとんでもない危機とは  

恋愛よりも友情が印象的だった「闇を照らす恋人」。

レビュー記事は下記リンクからどうぞ。

”中年東子のRなブックレビュー《ロマンス小説》” 闇を照らす恋人 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

【ロマンス小説レビュー】運命を告げる恋人 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

新規レビュー更新しました。

タイトル運命を告げる恋人
シリーズブラック・ダガー・ブラザーフッド
原 題LOVER AWAKEND
著 者J. R. ウォード
翻 訳安原 和見
形  態文庫
レーベル二見文庫 ザ・ミステリ・コレクショ
出 版 社二見書房

美しく野生的なヴァンパイアの戦士たちのロマンスを描いた”ブラック・ダガー・ブラザーフッド” シリーズ3作目は、顔に大きな傷跡を持ち残忍で暴力的なザディアスの物語。

敵対勢力にさらわれたヒロインを必死に捜し求めるザディアスは、彼女を助けだせるのか?
魂が破滅しているとまで言われるヒーローと自分の想いに真っ直ぐな年下貴族のもどかしい恋愛模様は、管理人の好みのど真ん中だった「運命を告げる恋人」。

恐らくこのシリーズの中で一番好きな物語です。

レビュー記事は下記リンクからどうぞ。

”中年東子のRなブックレビュー《ロマンス小説》” 運命を告げる恋人 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

【ロマンス小説レビュー】永遠なる時の恋人 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

新規レビュー更新しました。

タイトル永遠なる時の恋人
シリーズブラック・ダガー・ブラザーフッド
原 題LOVER ETERNAL
著 者J. R. ウォード
翻 訳安原 和見
形  態文庫
レーベル二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション
出 版 社二見書房

美しく野生的なヴァンパイアの戦士たちのロマンスを描いた”ブラック・ダガー・ブラザーフッド” シリーズ2作目は、仲間に”ハリウッド” と呼ばれる程の美貌を持つヒーローと死の宣告に怯えるヒロインとの恋愛模様が描かれる「永遠なる時の恋人」。

“伝説の色事師” と呼ばれる程の色好みである彼に掛けられた呪いとは?
ファンタジー色が濃い今回、ヒーローに掛けられた呪いに対するヒロインの反応にもやもや。
ヒーローに対する愛情だけで、そこは許容しちゃうんでしょうか?。

レビュー記事は下記リンクからどうぞ。

”中年東子のRなブックレビュー《ロマンス小説》”永遠なる時の恋人 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

【ロマンス小説レビュー】黒き戦士の恋人 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

新規レビュー更新しました。

タイトル黒き戦士の恋人
シリーズブラック・ダガー・ブラザーフッド
原 題DARK LOVER
著 者J. R. ウォード
翻 訳安原 和見
形  態文庫
レーベル二見文庫 ザ・ミステリ・コレクショ
出 版 社二見書房

主人公を遠くから見守り続けてきた父親が、彼女の為に助けを求めたのは、人間を嫌い抜いている純血のヴァンパイアの王だった  

種族を守る筋骨逞しい戦士たちのロマンスを描いたブラック・ダガー・ブラザーフッドシリーズの第一作目「黒き戦士の恋人」は、自分の中に流れるヴァンパイアの血を知らない主人公と人間嫌いなヴァンパイアの王の物語。

レビュー記事は下記リンクからどうぞ。

”中年東子のRなブックレビュー《ロマンス小説》”黒き戦士の恋人 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

【ロマンス小説レビュー】気高き豹と炎の天使(扶桑社BOOKSロマンス)

新規レビュー更新しました。

タイトル気高き豹と炎の天使
シリーズサイ=チェンジリングシリーズ
原 題Mine to Possess
著 者ナリーニ・シン
翻 訳河井 直子
形  態文庫
レーベル扶桑社BOOKSロマンス
出 版 社扶桑社

”サイ=チェンジリングシリーズ”4作目は人間と豹チェンジリングの2人が主人公。
豹チェンジリング・クレイの心に影を落とす亡霊が蘇る  

ヒーローであるクレイが不憫かつかなり危ないヤツに見える「気高き豹と炎の天使」。

レビュー記事は下記リンクからどうぞ。

”中年東子のRなブックレビュー《ロマンス小説》”気高き豹と炎の天使(扶桑社BOOKSロマンス)

【ロマンス小説レビュー】黒き狩人と夜空の瞳 (扶桑社BOOKSロマンス)

新規レビュー更新しました。

タイトル黒き狩人と夜空の瞳
シリーズサイ=チェンジリングシリーズ
原 題Slave to Sensation
著 者ナリーニ・シン
翻 訳藤井 喜美枝
形  態文庫
レーベル扶桑社BOOKSロマンス
出 版 社扶桑社

SF・獣・人外・ロマンスと様々な要素が入った”サイ=チェンジリングシリーズ”第一作目「黒き狩人と夜空の瞳」。

SFが嫌いでなければ、シリーズ作品が既に11も翻訳されている(そしてまだまだ続くらしい)この作品世界を末永く楽しめるのではないでしょうか。

レビュー記事は下記リンクからどうぞ。

”中年東子のRなブックレビュー《ロマンス小説》” 黒き狩人と夜空の瞳 (扶桑社BOOKSロマンス)

【ロマンス小説レビュー】幸せは永遠に (扶桑社ロマンス)

新規レビュー更新しました。

タイトル幸せは永遠に
シリーズブライド・カルテット
原 題SAVOR the MOMENT
著 者ノーラ・ロバーツ
翻 訳野川 聡子
形  態文庫
レーベル扶桑社ロマンス
出 版 社扶桑社

ウェディング・コンサルティング会社<Vows―永遠の近い>を運営する4人の女性の恋愛模様を描くウェディング・カルテットシリーズ第四作目。

ラストを飾るのは、Vowsの司令塔、パーカーが主人公の「幸せは永遠に」。

レビュー記事は下記リンクからどうぞ。

”中年東子のRなブックレビュー《ロマンス小説》” 幸せは永遠に (扶桑社ロマンス)

【ロマンス小説レビュー】ひとときの甘い想い (扶桑社ロマンス)

新規レビュー更新しました。

タイトルひとときの甘い想い
シリーズブライド・カルテット
原 題SAVOR the MOMENT
著 者ノーラ・ロバーツ
翻 訳村上 真帆
形  態文庫
レーベル扶桑社ロマンス
出 版 社扶桑社

ウェディング・コンサルティング会社<Vows―永遠の近い>を運営する4人の女性の恋愛模様を描くウェディング・カルテットシリーズ第三作目「ひとときの甘い想い」。

主人公よりも何よりも、ハンサムでお金持ちな弁護士、そして4人の兄(役)で家長のような存在のデルがヒーローとして登場。
実は一番楽しみにしていました。

レビュー記事は下記リンクからどうぞ。

”中年東子のRなブックレビュー《ロマンス小説》” ひとときの甘い想い (扶桑社ロマンス)

【ロマンス小説レビュー】香しい薔薇のベッド (扶桑社ロマンス)

新規レビュー更新しました。

タイトル香しい薔薇のベッド
シリーズブライド・カルテット
原 題Bed of Roses
著 者ノーラ・ロバーツ
翻 訳野川 聡子
形  態文庫
レーベル扶桑社ロマンス
出 版 社扶桑社

「ロマンスは女の子を特別にしてくれるもの」
ウェディング・コンサルティング会社<Vows―永遠の近い>を運営する4人の女性の中で、最も可憐(?)で最も男性にもてる主人公・エマが夢見る恋とは。

ウェディング・カルテットシリーズ第二作目「香しい薔薇のベッド」

レビュー記事は下記リンクからどうぞ。

”中年東子のRなブックレビュー《ロマンス小説》” 香しい薔薇のベッド